こだわりの戸建てを建てる│マイホームづくりの第一歩

住宅模型

セカンドライフと住宅

住宅模型

老後のため住宅を購入する

老後のために岡山県で住宅の購入を考えているのならば、中古一戸建てがオススメです。なぜ新築ではなく中古かというと、まず第一に値段が安いことです。今後の年金制度がどうなるか全く予測もつきません。そのため、節約できるところは節約するに越したことはありません。また若い世帯であれば半世紀以上お世話になる可能性もあるため、耐久年数の長い新築を求めることもあります。一方、高齢者世帯では半世紀以上を考えることもないため、中古一戸建てでも十分というわけです。また一戸建ては使える自由度が高いのも魅力の一つです。ガーデニングやリフォームなどを手掛けやすいため、ゆとりのある高齢者にも中古一戸建ては人気となっています。

老後を満喫するための住宅

そもそも岡山県は日照時間が全国でもトップクラスにあります。瀬戸内海気候という温暖な地域であるため、老後の生活にもピッタリです。そのため、西日本で働いていた人が、定年退職をきっかけにして、岡山県で中古一戸建てを購入するケースは少なくありません。つまり、岡山県でセカンドライフを満喫するわけです。もちろん老夫婦であるため、今は健康であったとしても数年後はどうなるか誰も知ることはできません。そのため、老夫婦のセカンドライフとして中古一戸建てを購入される条件で人気なのがバリアフリー完備されているものです。今後さらに高齢化社会が加速するといわれています。そのような物件に注目が集まっていくことになりそうです。